太陽光発電導入のお役立ちガイドin静岡

TOP » 知っておきたい太陽光発電パネルメーカー・設置業者の選び方 » 太陽光発電の耐久性能と寿命について徹底解説

太陽光発電の耐久性能と寿命について徹底解説

太陽光発電は設置すれば永久に性能を発揮し続けるイメージがあります。しかし、各メーカーはそんな太陽光発電システムに対して保険・保証サービスを展開しています。永久に性能を発揮するのなら、保障や保険は必要ないはず。そう、実は太陽光発電には耐久年数や寿命が存在するのです。

静岡で太陽光発電設置業を例に挙げると、シャープでは「システム構成機器丸ごと15年保証」と題した長期保証を実施。これは、太陽電池モジュールや架台、パワーコンディショナー、電力モニタをはじめとしたシステム構成機器がトラブルを起こした際に無償で修理を行ってくれるというものです。

一方、パナソニックではモジュールに25年の保証、周辺機器に15年の保証を設定。耐久年数が長いモジュールに25年というかなり長い保証がかけられているのがメリットになっています。

このように、太陽光発電は設置したらそれで終わりではなく、保険・保障サービスまで考慮しなくてはいけないのです。この記事では、太陽光発電の保証サービスが重要な理由として、耐久性や寿命について詳しく解説していきます。

太陽光発電の耐久性とは

太陽光発電は、その性質上屋外に設置することになるため、雨や風、温度変化、紫外線などの外環境による劣化が心配されます。特に自然災害については深刻で、台風や落雷、地震、大雪などは太陽発電施設自体を破壊してしまう可能性があるのです。

とはいえ、基本的に太陽光発電施設は建築基準法に基づいて設置されているため、普通の台風程度ならば十分に耐えられます。落雷にはパワーコンディショナーに組み込まれた避雷機によってシステムに影響が出ないよう設計するなど、自然災害対策はしっかりと行われているといえるでしょう。

さらに、地震大国である日本では、太陽光発電施設の地震対策もバッチリ。地震の振動や大地のねじれによって受けるダメージを想定した試験から得たデータを元に基礎を設置しているので安心です。

東北や北海道では雪の対策も重要になってきますが、パネルの角度を調整することで積雪も最小限に抑えるように工夫されています。

このように、太陽光発電の耐久性能は大抵のリスクなら突破できる程度に高くなっていますが、それでも心配な方は保険・保証サービスを契約するといいでしょう。

太陽光発電の寿命について

太陽光発電は耐久性能だけを気にすればいいというわけではありません。稼動できる寿命も存在するのです。国税庁は太陽光発電の法定耐用年数として17年と設定しています。

しかし、基本的に太陽光発電は17年以上稼動できるものがほとんど。ソーラーパネルなら20~30年ほどは稼動しますし、パワーコンディショナーでも10~15年は稼動させることができます。稼働環境次第ではさらに長く使用できる実例もあるので定期的なメンテナンスを行うことが何よりも肝心です。

とはいえ、経年劣化は避けることはできません。ソーラーパネルはその素材によって劣化のレベルも異なり、減少する発電量も変わってきますし、パワーコンディショナーはソーラーパネルよりも劣化が早いため、性能が落ちてきた段階で交換する必要があります。内部交換なら3万円程度ですみますが、本体ごと買い換える場合15万円程度の金額がかかるので注意しなければいけません。

性能劣化の際の交換は、保証サービスに含まれていることが多いため、太陽光発電の設置業者を選定する際には、忘れずにチェックするようにしましょう。

また、売電メーターは性能劣化のあるなしに関わらず、法律上10年ごとに検定を受けなければいけません。ほとんどの場合メーターは交換になるのですが、保証に含まれていないため費用は所有者負担になります。中には無料で交換してもらえる所もあるので、業者選定の際には、この点も注意するといいでしょう。

Copyright (C) 静岡の太陽光発電システム設置業者ランキング All Rights Reserved.